LINK FLORIST

FAX・お電話でのご注文も承っております。 FAXオーダーシート 売掛け申込書

お祝い花ならリンクフローリスト HOME > マナー > 弔事

  • マイページ
  • ログイン
  • ショッピングカート
  • ログアウト

お悔やみ・お供えの お花のマナー

突然の訃報にお花をお贈りする場合のマナーをご紹介いたします。
個人的にお贈りする場合は小さなものでも十分心は伝わりますが、お世話になった方など、フォーマルな場合は5000円〜10000円くらいのものが一般的です。
相手方の負担にならない程度で気持ちだけでもお贈りしたいという場合は、3000〜5000円くらいのものを選ばれる方が多いようです。

通夜〜ご葬儀

txt
  • 通夜〜ご葬儀に参列する場合、お花は持っていかない方が良いでしょう。
    その理由としては、
    ・葬儀に使用するお花は葬儀社、斎場がすべて準備します。
    葬儀社・斎場によっては「特定の花屋からでないと受け付けない」、「会場外からの花の持ち込みを一切禁止」、「ご家族がお花の持ち込み料を支払わないといけない」というような決まりがある事もあります。
    ・亡くなられた方のご家族は通夜、葬儀の間は打ち合わせやご準備などで悲しみをを感じる間もないくらい多忙です。
    そのような中、外から花が届いても、誰から届いたのか確認の時間もない場合もあるでしょう。
    ・参列しない場合は電報などで対応し、四十九日までにお届けするのが良いでしょう。
  • 初七日までの時期は白系のお花のアレンジメントが良いでしょう。 親しい方へお贈りする場合などで、気持ちを和らげてほしいという気持ちから淡いピンク系のお花を希望する方もおりますが、その際は他のご家族への配慮も忘れないようにしましょう。
  • 宗教や地域により風習は様々です。枕花や通夜、告別式に贈る場合は注意が必要です。
txt

初七日〜四十九日

txt
  • お花には「供 ****(贈り主氏名)」の札を立てます。
  • 白上がりで作るお供え花が一般的です。(白・グリーン)
    最近は紫、青系のお花や淡い色のお花など、上品なカラーをさし色にされるのが好まれています。
txt

四十九日以降の法事・命日

txt
  • 法事や命日にお花を贈る場合、当日はご家族の方々も家を留守にしている場合が多いので、前日までに贈るようにしましょう。
    また同様に、お盆やお彼岸に贈る場合も「入り」までに届くようにしましょう。
  • 基本的にはトゲモノ(バラ、アザミなど)を避け、色は白グリーンのみ、または淡いブルー、紫系でまとめます。
  • お花はユリ、トルコキキョウ、キク、スターチス、アイリス、デルフィニウム、カーネーションなどを使うことが多いですが、故人の好きだった花をもとめる方も多いです。
    ただ、その場合も赤のバラなどのように、あまり鮮やかなものは避けたほうが無難です。
  • 宗教や地域によって、その風習は様々です。亡くなった方によっては、お供えの花を辞退する場合もあるので、十分気をつけることが必要です。
  • 法要の際に飾るお花は葬儀と違って基本的にはご家族が自分で用意します。
    お寺で行う場合は、まずどんなものがよいのかお寺に確認をした方がいいでしょう。
    供えるお花はお寺によっていろいろな取り決めがありますので注意が必要です。この場合も花束でなく5,000〜10,000円くらいのアレンジメントを対で用意するのがおすすめです。
  • お花に立てるお名札ですが、お供え・お悔やみの場合、宛名は基本的に書きません。
txt